子供絵画教室

子供絵画教室の仕事内容ですが、子供たちに絵を通していろいろな事を教えるのが仕事です。大人向け、美大を受験する生徒向けの絵画教室ではありませんので、それぞれ子供の感性を大切にして、子供の魅力を引き出してあげます。創造力、集中力などを養って、個性を伸ばす、才能を伸ばしてあげるのが仕事です。絵の描き方を指導する、コツやテクニックなどを指導するのはもちろんなのですが、子供が自分で表現したいと思ったことなどをもちろん大事にして重視してあげます。絵を描く、色を自主的に塗るなどの作品作りを全面的に支援してあげるのが仕事です。近頃は子供それぞれの個性を重要視している傾向にありますので、子供の習い事として、絵画教室に習わせたりアート系、デザイン系の習い事をさせる家庭が増えているので需要は高まっています。

カルチャーセンター、絵画教室などで働く、または自分で教室を開いて運営することになります。子供絵画教室で働くには、特別に必要となる資格などはないのですが、学歴としては、美大卒くらいは持っていたほうがいいようです。応募資格として美大を卒業していること、幼稚園教諭免許、保育士資格を持っていることなどが求められることもあります。美術教諭の免許を持っているという人は採用に当たり有利になる可能性は高いでしょう。また、知り合いなどから紹介されて仕事をする人も少なくありませんので、美術館系のネットワークを常日ごろから作っておくといいかもしれませんね。個人で絵画教室を開けますが場所の確保、生徒の確保なども考えなければいけませんし、絵を教える以外の経営の技術も求められますので覚えておきましょう。もちろん子供絵画教室で働くにあたっても絵の才能だけ出なく、子供たちの個性を見抜きそれを引き出してあげる力、指導力が必要です。絵に好きで、絵に自信があり、人に絵を教えたい、子供が好きな人に向いているでしょう。

やりがいとしては、自分が少しアドバイスしただけで、子供がすばらしい絵を描いたときには、とてもやりがいを感じるとのことですし、コンクールに生徒の作品を出して金賞や大賞をとったときにはとてもやりがいを感じるようです。子供たちの才能は無限大です。その無限大の才能を自分の力で引き出してあげることができたとき、とてもこの仕事にやりがいを感じます。昔から自身も絵画を習っていた経験がある、大学は美大を出ているなどという人に向いている仕事です。