ベビーシッター

baby

仕事内容

ベビーシッターの仕事は個人や保育施設などで依頼した親などに代わって乳幼児だけ出なく小学校の低学年くらいの子供を預かって世話をするのが主な仕事です。子供と一緒に遊ぶ、食事をあげる、必要な場合には教育をしたりしつけをしたりすることもあります。

子供が好きであるということももちろん大事なのですが、子供は体調が突然変化することもありますので、突然の体調不良や怪我、トラブルに対応できる力が必要です。強い席に感が必要ですし、子育てや育児に対しての幅広い知識も必要です。

必要な資格

ベビーシッターになるためには絶対に必要であるという資格はありません。しかし子供の健康に対しての知識や発達心理に対しての知識を備えていなければ何かあったときに対応できません。全国ベビーシッター協会という協会があるのですがその協会が認定している資格を持っていれば、知識を身に付けていることが証明できますので、依頼した人からの信頼も集めやすい特徴があります。

働き方は色々でベビーシッターを派遣する会社に登録をして、仕事を請けるのもできますし、それぞれの施設と直接雇用契約をして働くということも可能です。正社員として働くことはすくなく、大半がパートや、契約社員として働くことになります。いつも仕事があるわけでもなく、依頼があったときだけ仕事をするというスタイルで働く場合もあります。

参考サイト:公益社団法人全国保育サービス協会(旧全国ベビーシッター協会)

給料

ベビーシッター派遣会社に登録をして仕事をする場合は、大体時給は1000円から1400円くらいです。仕事の有無は波がありますので、不安定ではありますが、自分のライフスタイルに合わせて働くことも可能です。

ベビーシッターの需要はホテル、デパート、結婚式場や病院、一時預かり施設などさまざまな場所で需要が高いので、これからももっと増える予定ですから、資格を持っていればいつでも働くことができるので、ぜひ資格を取得してベビーシッターになることをお勧めします。

チャイルドマインダー養成セミナーを受けて検定試験に合格をすれば子供向けの施設、教室を独立開業することもできますので、ベビーシッターと併せて勉強しておくといいかもしれませんね。共働き家庭はこれからも増える予定ですので、需要はさらに高まるでしょう。