野球スクール

野球スクールの仕事内容は野球を教えることが仕事です。最近はキッズ野球スクールなどが豊富にできていて習い事として通わせている人も多いです。野球の楽しさを教えるのはもちろん、社会のマナーやルールなども身につけてもらえるように指導するのも仕事内容です。野球が好きであることはもちろん、子供が好きで何でも熱意を持っている人が向いているでしょう。技術の指導以外にも、合宿を企画したり、大会を企画する、練習試合の企画や、生徒を集めるための宣伝の仕事なども行います。責任感がある人、仕事にやりがいを持って仕事したいと思っている人に向いています。

ただ単に技術を教えて強くするというのが目的ではなく、どのスクールでも道徳面、教育、しつけなどに特化して教室を運営しているところが多いのです。いかに子供たちを相手に上手に教えることができるのか、それは技量にもかかっていますし、コミュニケーション能力があるかどうかにもかかっています。技術だけを無理やり叩き込んだりせずに、理論でも指導していく力が求められています。子供たちが楽しそうに野球を通じてさまざまなことを学んでくれるという姿を間近で見ることができるのは、とてもやりがいを感じることだと思います。

特に必要な資格などはありませんが、子供のころから自身も長年やっていたとか、野球チームに所属していた、プロ野球を目指していた、プロ野球に入っていた、入団テストまで受けたことがあるなど経歴があれば採用されやすいでしょう。

もちろんそういった過去がなくても教えたいという熱意とある程度の指導力や個性などがあれば働くことは十分にできるでしょう。こちらで働いている人は、アルバイトとして働いている人も多く、大学生などが大学の野球チームに所属しつつ働いている人が多いです。あまり正社員でこれ1本で生計を立てているという人はもしかするといないかもしれませんので、その点募集要項や給与面をよく確認したうえで働くようにするといいかもしれませんね。

自身も野球が好きで、楽しさをこれからも子供たちに伝えていきたい、子供たちの笑顔を見ていきたいと思っている人にぴったりの仕事ではあります。それほど頻繁に募集があるわけではありませんが、いい人材は募集していないときでも歓迎されるかもしれません。