チャイルドマインダー

仕事内容

チャイルドマインダーは子供を預かるいわばベビーシッターにも似ているのですが色々な働き方があるのが特徴です。自分のライフスタイル趣味や性格など、いろいろなことを考慮して働くことができるという魅力があります。

チャイルドマインダーの仕事は在宅で個人で行う、グループで行うタイプと、訪問で直接契約をしたり業務委託をされるというスタイルがあります。在宅でチャイルドマインダーとして仕事をする場合は利用者の子供を自分の家で預かるのが仕事です。個人事業主になりますので、保育ルームを自分の家につくり、経営、契約といった保育以外の仕事も行うことになります。お客さんがくるために営業をすることもあるでしょう。

チャイルドマインダーの個人で行う場合は自宅に保育ルームがあって、そこで一人で仕事をするのですがグループの場合には、グループで巣人のチャイルドマインダー同士が協力して働くタイプになります。チャイルドマインダーが複数いればたくさんの子供が預かれますし事業として利益も出しやすいのが特徴です。
また訪問のチャイルドマインダーとしての仕事は利用する人の家、企業内保育所に出向いて保育をします。

必要な資格

チャイルドマインダーになるためには資格を取得しなければいけませんが学校に通って資格を取得する方法と、通信教育で資格を取得する方法などがあります。チャイルドマインダーの資格は民間の資格です。
取得するためには、それぞれの認定団体が設けている決まりに従い、講座、試験を受けなければいけません。

チャイルドマインダーの合格率は70パーセント程度なのでそれほど難しくはありませんし、国家資格の保育士と比べれば資格を取得しやすいのが特徴です。一定の条件を満たせば比較的手軽に取得できる資格ですから、子供に関わる仕事をしたいと思っている人はチャイルドマインダーの仕事がお勧めです。これからまだまだ共働きによる待機児童の数は増える予定ですから、チャイルドマインダーの需要も高まるでしょうし、子育てを経験している人が資格を取得して活躍をしているケースもありますので、主婦にとっては、自分のライフスタイルに合わせて働くことができて働きやすい仕事でもあるのです。需要はこれからも高まるでしょう。