児童指導員

仕事内容

全国にある児童養護施設および障害児施設に勤務をして、そこで子供達とともに生活をしながら両親になりかわり指導・支援を行っていくのが児童指導員の仕事です。

児童指導員の勤務先としては他に医療型障害児入所施設や福祉型・医療型児童発達支援センター、児童家庭支援センター、情緒障害児短期治療施設、乳児院といったところがあります。

生まれつき心や体に障害を持って生まれてきた子供や、事情により家族と一緒に生活をすることができない子供を預かり、そこで専門家としての支援を様々な面から行っていきます。

対象となるのは0~18歳までの児童で、入所型施設においては一緒にその施設内に暮らしながら生活のための指導を行ったり、時には参観日や学校行事に参加をしたりしていきます。

必要な資格

児童指導員となるためには、いくつかの条件に沿った資格や学歴を備えていなくてはいけません。

該当するのは社会福祉士、精神保健福祉士のいずれかに合格した人や、厚生労働省の認定した養成機関を卒業した人などです。

他にも大学・大学院において心理学や教育学、社会学を履修した者や、高校卒業後に児童福祉事業に2年以上従事した経験がある人も同等のスキルがあるものとみなされます。

就職先となる施設には公立のものと私立のものとがありますが、公立の場合には採用試験の前に公務員試験に合格をしておく必要があります。

待遇・給料

給与は公立施設においては地方公務員の給与規定に定められる基準に沿って額が決定されます。

基準は勤務をする人の勤務年数や年齢、それまでの職歴や経歴など細かく定めがあるので新卒で入る人以外はそれぞれ異なる額が提示されることになります。

私立の場合も基本的には公立の水準をもとに決められますが、施設の規模や業務内容によってまたいくらか上下することもあります。