子供服販売員

子供服販売員の仕事も子供にかかわる仕事の1つですが、仕事内容は、子供服を取り扱っている会社の社員として店舗で販売をするのが仕事です。大手のアパレルブランドから、セレクトショップまで、子供服を取り扱うお店は多数ありますので、それらの店舗で働くことになります。子供服販売の仕事は、具体的に言えば、来店したお客様が服を購入する際にそれを販売すればいいというわけではありません。来店されたお子様にぴったりの服を選んで差し上げるのも仕事の1つですし、場合によっては結婚式や発表会に着ていく服を選んでほしいと相談されることもあるので、その相談に乗ってあげなければいけません。初めて来店されるお客様もいらっしゃれば、リピーターとして何度も足を運んでくださっているお客様もいらっしゃるはずですので、それぞれのお客様にあった対応をしていく必要があります。

初対面のお子さんを見て、そのお子様にぴったりの洋服を選ぶというのはなかなか難しいですが、そこが販売員としての腕の見せ所ですね。また人によっては家にあるすでに持っているアイテムとコーディネートできる服を購入したいと希望される人もいらっしゃいますので、そのコーディネートもその場で考えていく必要があります。子供服販売員になるために必要な資格などは特にありませんが、接客経験があれば採用されやすいですし、子供が好き、幼稚園教諭免許を持っている、保育資格を持っているなどすればさらに働きやすいでしょう。子供服販売員の仕事に就きたければ、求人情報を探して大手の子供服のアパレルメーカーが店頭での販売員を募集していると思いますので、そちらに応募してから採用されれば働くことができるようになります。

やりがいについてですが、自分が選んだ服がそのお子様の魅力をさらに引き出すことができて、親御さんがとても喜ばれたときにやりがいを感じますし、お勧めした服を喜んで購入してくださったときなどもやりがいを感じる人は多いようです。若干ノルマがあるお店もあれば、売り上げが足りないと給与の査定に響くところもあるようですので、ノルマ達成に向けて販売促進などの活動をしたりダイレクトメールを送ったり、何かイベントを企画してお店に足を運んでもらえるようにしなければいけなかったりと、販売をただやればいいというわけではありませんが、その分やりがいを感じることができる仕事です。お客様の中にはあなただから購入するといってくださる人もいたりして、とてもやりがいを感じることでしょう。