英会話スクール

英会話教室で働くことも子供とかかわる仕事の1つですが、英会話教室の仕事内容はどのような仕事なのでしょうか。児童向けの英会話教室の場合は、生徒は子供ですが、子供に教えることは大人に教えることと違っている点として、ただ単に英語を教えるというわけではなくて、子供たちが英語の時間を飽きずに過ごせるように工夫をしなければいけません。英語を教えること、それが仕事内容ではありますが、いろいろと考えたりしなければいけないのです。絵本を使ったり歌を歌ったり、ゲームをしたりして、英語の楽しさをこれらを通じて教えていく技術を持っていないといえません。子供の年齢に合わせたレッスンをしていきます。そして子供の年齢が上がればそれなりに文法なども押しなければいけません。

今は小学校でも英語の授業が必修化されているので、グローバル化に対応する準備はすでに小学生からスタートしています。小学校から英語の教育が本格的にスタートすることに伴って、英会話教室の講師の需要も高まっています。小学校に限らず英会話スクール、英会話学校のフランチャイズや自宅で英会話を開いている人も増えています。必要な資格というのは特にありませんが、それなりの語学力は必要です。TORICなら700点以上とか、日常英会話がすらすら話せるなどの技術は必要です。後は子供が好き、人とコミュニケーションをとることが好き、英語が得意な人が向いています。今は主婦でも自宅で英会話教室を開いている人も多いのでそういった働き方もできます。

重要なことはその生徒さんが何を望んで英語のレッスンを受けに来ているのかということです。英会話がすらすら口から出るようになりたい人もいれば、英語に慣れ親しみたいだけの人もいますし、英語に触れさせたいという人もいます。色々な目的で英語のレッスンを受けに来る人がいますから、それぞれの目的に合わせた授業を用意しなければいけませんし、それぞれに合わせたレッスン内容を考える必要もあります。熱意を持って接することができるか、生徒の立場に立って教えることができるかなど、英語力以外にも求められることは色々とありますので、そのことをよく理解しておく必要があるでしょう。大事なことは上から目線で教えるのではなくて、常に子供たちや生徒の視線、立場に立った無駄なく英会話を教えることができるかが重要です。ただ楽しいだけではいけませんし、それがきちんと身につくように教えなければいけないのです。