助産師

仕事内容

助産師も子供と関わる仕事の1つです。助産師の仕事は妊娠している人、出産をする人、出産後の女性に対してサポートをするのが仕事です。お産を助けるのはもちろん、妊婦さんの体調管理も仕事の1つですし、精神的に不安定な人もいますので、心のケアをしたり、場合によっては家庭環境、育児に対してのカウンセリングもしますから、出産前後の女性にとってはいなくてはならない存在でもありますし、心強い存在でもあります。

そして性に関しての知識を活かすことができるので、思春期の女性に対しての性の悩みを相談したり、不妊治療をする人の相談なども受けたりします。体力的にも精神的にも大変な仕事ではありますが、やりがいも大きく、人の命が誕生するシーンを間近で見ることができるということは何事にもかえがたいものです。

必要な資格

助産師になるためにはまず国家資格の助産師免許を持っていなければいけませんが、看護師免許を持っていることが前提です。助産師養成課程がある看護大学を卒業する、または看護師養成学校を卒業してから1年間助産師養成所に通って卒業をすれば助産師国家試験の受験資格がもらえますので、そこから国家試験を受験して合格をすれば、助産師になることができます。
看護師の資格は男女制限はないのですが、助産師については女性だけとなっています。

待遇・給料

助産師の給与は看護師よりも高く、年収は400万円から600万円くらいです。夜勤があれば夜勤手当もつきますので高収入ですが、お産件数が多い病院となるととてもハードで、残業も夜勤もとても多いので、体力的にタフでなければ勤まらないでしょう。

参考:助産師国家試験

今は少子化が進んでいるので、以前に比べればお産件数は減りつつありますが、出産をするということがなくなるわけではありませんので、出産がある以上、助産師は必要不可欠なのです。助産師不足の病院も多数ありますから需要は高く将来性も高いのが特徴です。助産師として産院で働く以外にもベビーマッサージ、マタニティヨガ、アロマカウンセラーなどの資格を取得して、女性向けの教室を開いている助産師もいたりするので、独立して幅広いジャンルで活躍することができるのも特徴です。女性と乳幼児を対象にしたケアに携わる仕事をしている人も増えているのです。