学習塾

学習塾も子供に接する仕事の1つですが、学習塾では授業を担当する仕事、教室運営の仕事が主な仕事内容です。専任講師として正社員で働く場合には、学習塾で働いている人の中心になって、子供に勉強を教える、そして教室運営の業務のどちらも行うことになります。子供に授業を教える担当になることはもちろんなのですが、それ以外にもアルバイトの講師のスケジュールを管理したり、保護者にお知らせを作成したり、時間割を作成したり、教室の掃除、小口現金の管理といった学習塾全般の運営を任されます。ただ単に子供の授業をすればいいだけだと思っている人もいるかもしれませんが、それだけではありません。色々と仕事内容はありますが、とてもやりがいがある仕事です。

専任講師の仕事内容を具体的に見ると、クラスを担当して、担任になって、子供たちの学習計画を立てる、志望校を受験する子供に、悩みを抱えている子がいればアドバイスをしたり、親子で三者面談をする、保護者との面談を通じて進路の面でのアドバイスをするのも仕事の1つです。熱心に子供と向き合えること、そして保護者と触れあうことができること、お互い信頼関係を築くことも大事です。

学習塾で働くために必要な資格などはありませんが、応募する際に学歴に条件があるかもしれません。例えば、大卒以上とか、大学といっても三流の大学ではなくて一流の大学を卒業していることを条件にしていることもあります。教員免許を持っていれば三流の大学であっても採用される際に有利になることも多いでしょう。そして学習塾での仕事内容は講師だけではありません。教室を運営するスタッフや事務的な仕事もあります。教えない仕事でも子供に接することができます。子供の進路相談に乗ったり、子供の出欠確認、子供と保護者をしっかりとサポートする裏方の仕事もありますので、塾講師以外の仕事もあるのです。子供たちを側面からサポートすることになりますが、こちらもとてもやりがいがある仕事です。塾の先生だけでは塾は成り立ちませんので、こうしたきめ細かな動きをするスタッフも必要なのです。

講師以外の募集の場合は、特に学歴などは必要ないケースが多いですから、なりたいと思ったら誰でもなれるのが特徴です。子供たちが一生懸命勉強する学習塾での仕事はとてもやりがいがある仕事です。大変なこともあるでしょうけれど、子供たちと一緒に乗り越えて行けるので達成感があるでしょう。