看護師

nerse

仕事内容

子供と関わる仕事として看護師の仕事もあります。小児科で働いていれば子供を相手にする仕事になります。看護師の仕事は主に医師の診察補助や患者さん、家族へのケアが主な仕事です。食事を手伝ったり、注射をしたり、検温をするなど仕事内容は多岐に渡っています。病院、社会福祉施設などで働くのが主な看護師としての仕事になります。

看護師の働ける場所は幅広く、最近は病院だけでなく保育園で活躍をしている看護師もいるので、保育園で子供たちと関わりながら仕事をすることも可能です。

必要な資格

看護師になるためには、国家資格の看護師免許を持ってなければ働けません。看護系の大学や短期大学、専門学校など看護師養成課程がある学校に入学して必要な資格を取得しますが、3-4年ほど学校に通ってから国家試験に合格をしたら免許がもらえます。

看護師の中には国家資格ではない准看護師という資格もあるのですが、仕事の内容はそれほど違いはありませんが、看護師の指示を受けなければ自分では判断できないという点で仕事に違いがありますし、待遇や給与面も違いがあります。

待遇・給料

看護師の給料はどこで働くのか、その場所によっても違いがありますが、平均して400万円から600万円となっています。一般の会社員と比較すると高収入になることもあります。夜勤をすれば夜勤手当も入りますので、高収入になりますがそれだけ大変な仕事ではあります。命に関わる現場であり、日々ストレスも疲れも大きく、ハードな仕事ですが、その分やりがいはある仕事といってもいいでしょう。

看護師の仕事はとても需要が高い仕事ですが医師と同じで、地方都市、田舎では看護師が不足しています。そして大きな病院で都心部にあっても、患者数に対する看護師の数が足りていないところもあり慢性的な看護師不足は続いています。ですから看護師としての需要はこれから先もまだまだ増えると予想されますし、看護師は病院や診療所で働く以外にも、高齢化社会、共働きの小しか社会という時代背景も受けて、社会福祉施設や保育施設でも仕事をすることになりそうですから、これからもまだまだ需要は高まるでしょう。在宅で療養をしている人を対象にしたリハビリの仕事や訪問看護の仕事など、これからもニーズは幅広く高まっていくでしょう。