ピアノ教室

ピアノ教室の仕事内容はピアノ、音楽に関することを子供や生徒に教えるのが仕事です。ピアノを通じて音楽を教えることが仕事になります。ピアノを弾くことがメインなのですが歌を歌ったり、それ以外の楽器を使ったりしてリズム感をつけてもらう、音楽の楽しさを感じてもらう、音楽をもっと身近に感じてもらうことを目的にして教えることが仕事です。ピアノ教室は大手のピアノ教室の講師として働くケースと、個人で家や貸し教室を借りてレッスンを行う場合があります。

どちらも掛け持ちをしている人も中にはいます。大手のピアノ教室でも教えつつ、家でも個人レッスンを受け持っている先生もいますので、働き方は色々です。生徒がレッスンを受けに来る時間帯が仕事となりますので、だいたい幼稚園から学校に通っている子供たちが生徒ですから午後からレッスンということになり、遅い時間帯の子もいますので、8時から9時ごろまでレッスンをすることになるでしょう。しかし最近は大人向けのピアノ教室なども人気があり、大人になってからピアノを始める人も少なくありませんので、その場合は午前中もレッスンを行うこともありますし、夜の仕事帰りにレッスンに通う人もいますから、夜にもレッスンを行います。

仕事内容としてはピアノを教えることになりますが、宿題の準備や課題曲の準備、練習曲の準備、そして自分も練習をしなければいけませんので、仕事内容や拘束時間はもっと長くなるかもしれません。教える生徒によっては、幼稚園の先生になるためにピアノを習いに来ている生徒や、結婚式で彼女にピアノを聞かせたいといって練習に来る人などもいるので、それぞれに合わせた練習内容を組む必要があります。

特にピアノ教室の講師になるのに必要な資格はありませんが、ピアノのグレード試験などを受けている人なら有利ですし、もちろんピアノのそれなりの技術がなければ教えられません。ピアノ教室の講師はとてもやりがいがある仕事です。ほとんどの人が音楽が好きな人、ピアノが好きな人ですから、自分が好きだと思っていることを仕事にすることができるということでやりがいを感じている人はとても多いのです。また子どもたちの笑顔に囲まれて仕事をすることができますし、楽しみながらピアノを教えられて、そして一度身につけたピアノの技術は一生ものですので、結婚をしても子供を出産してからも続けられる仕事であるというメリットもあります。