養護教諭

仕事内容

学校内では「保健室の先生」と言われていますが、正式な職業として名称は「養護教諭」です。

養護教諭は小中高の学校に必ず設置してある保健室で、生徒たちの健康管理をするための仕事をしていく人材です。

小学校教諭や中学校教諭のように直接にクラスの担任になり教鞭を取るということはありませんが、学校に勤務をするためにはあらかじめ教諭免許を取得していなくてはいけません。

ただし一般の教諭免許と異なり、専門の「養護教諭免許」という種類のものを取らなくてはならないこととなっており、そのための学校での課程も特殊なものとなっています。

養護教諭は主に保険室内に常駐し、そこを訪れる生徒たちの怪我や病気のケアにあたります。

救急処置が必要な怪我や病気への対応の他にも、学校で定期的に行われる健康診断の準備や学校内の衛生活動、また時々に応じた生徒たちへの保健衛生のための指導を行っていきます。

必要な資格

養護教諭として勤務をするために必ず取得をしなくてはいけないのが養護教諭免許状です。

養護教諭免許をストレートで取得をするためには、まず高校を卒業したあとに養護教諭養成課程のある大学もしくは短大に進み、そこで修了後の試験に合格するという方法があります。

四年制大学の養護教諭養成課程に進んだ場合には教諭免許のうち「一種免許状」を取得できますが、短大の場合には「二種免許状」となるという違いが生じます。

しかしながら養護教諭という仕事においてはその業務内容がかなり多岐にわたってしまうことから、学校の養成課程だけでは実務のためのスキル全てを身につけることは困難です。

そのため実際に勤務をしている養護教諭の中には、養成課程の他に看護師や保健師の免許を取得していたり、看護師などとして病院勤務をしたあとに養護教諭免許を取得するといった人も多く見られます。

他にも直接教鞭をとることができない養護教諭免許だけでなく、保健体育の教員免許を取得して授業に参加ができるようにする人もいたりします。

このように同じ養護教諭であっても、実際にはその人のそれまでの学歴や職歴によってかなりスキルにばらつきが出ているのが実情です。

待遇・給料

養護教諭の給与や年収は、小中高どの学校に所属するかや、公立・私立いずれの学校に勤務するかによって違いが出てきます。

ただ公立の学校に勤務する場合は、国家公務員の採用試験に合格してからとなるため給与体系は他の公務員の給与水準と同じく扱われるようになります。

大卒の場合初任給はだいたい20万円前後となっていますが、それまでの職歴や年齢、養護教諭免許以外の資格によっても変化するので、事前に自分がどのケースになるかは細かく調べておく必要があります。