サッカースクール

サッカースクールの仕事内容はその名の通りサッカーを教えることです。これも子供たちにかかわる仕事の1つです。子供たちに、サッカーのルールや技術はもちろん、その楽しさを教えるのが主な仕事内容です。小さければ幼稚園児くらいの子供から大きい子になると中学生や高校生まで教えることもあります。子どもたちに教えるのは技術的な面だけでなく、あいさつ、マナー、人として大事なことなども同時に教えていかなければいけません。スポーツを通じて人として成長できるようにサポートすることもスクール講師の仕事内容のひとつです。指導する際に大事なことはもちろん技術面なのですが、それにプラスして、いかにルールやマナー、人として大事なことを教えるのかという点にもあると思います。なかなかこれらを教えていくというのは大変ですが、サッカーをしながらそれを感じ取れる子供にするために指導しなければいけません。

サッカースクールで働くのに必要な資格はありませんが、小中高大と長年やっていたとか、元Jリーグの選手だったとか、プロ選手を目指していたなどといった経歴があったほうが採用されやすいでしょう。もちろんプロの選手が引退をしてサッカースクールを運営しているということになれば、多く生徒が集まるかもしれませんが、熱意があり、子供たちが楽しみながらサッカーをしていれば生徒は自然に集まってくるでしょう。

楽しみながらサッカーをすることも大事なので、教えるという立場ではありますが自分も一緒に楽しめば子供たちも楽しめます。話をするときは子供目線で話をしてちゃんと理解をしてもらえるまで話すことも大事ですし、時に葉厳しく指導することも大切です。サッカースクールで技術を教えるだけでなく場合によっては相談に乗ったり相談相手として重要な存在になることもあります。楽しみながらサッカーを子供たちがやってくれて、のびのびした生活を送ってくれることを間近で見ることにとてもやりがいを感じている人は多いでしょう。そして将来の夢がJリーガーだといってがんばっている子がいればそれもまた、自分のモチベーションアップにもつながりますし、やりがいにもつながります。子どもたちを通して自分も成長できる職業です。