スイミングスクール

スイミングスクールも子供とかかわる仕事の1つですね。スイミングスクールのインストラクターの仕事内容ですが水泳を教えたり、大人向けのスイミング教室の講師をするのが主な仕事です。対六作り、健康維持にスイミングは効果がありますし、誰でも手軽に始められるというのがスイミングのメリットです。間違った泳ぎ方をしていたりすれば効果は現れないどころか泳げませんから、やはり正しいスイミングの技術を身につけたいと思ってスイミングスクールに通わせる人は増えているのです。スイミングスクールのスタッフとして働く場合はスイミングのプロということで指導をすることになります。指導をするのが主な仕事ですが具体的には、正しい泳ぎ方を教える、初心者には手ほどきを教えることになります。スイミングスクールで働くのに必要な資格などはないのですが、それぞれの都道府県の水泳協会や水泳連盟が実施している講習会を受けて、検定試験に合格をすれば、水泳アシスタント指導員の認定を受けることができるので盛っていると便利でしょう。そして資格を取得してからNHK学園通信講座を受けて、試験を受けて合格をすれば日本体育協会公認のC級スポーツ指導員水泳の資格を取得できますので、持っていると有利かもしれません。

スイミングスクールのスタッフに向いている人は、生徒さんは子供からお年寄りまで幅広い人を対象にしておおないますので、泳ぎがうまいだけでなく、どんな年齢の人とでも話をすることができる、コミュニケーションをとることができる人が向いています。そしてそれぞれの生徒のレベルに合わせて指導をしていかなければいけませんので、ある程度の指導能力も必要ですし、安全性などもちゃんと管理することができるかどうか、注意力や責任感などもなければいえません。水泳がただ単に得意だとか、好きというだけでは勤まりません。水泳が好きで得意でコミュニケーション能力もあり、人に指導をすることが好きな人にはぴったりですが、想像以上にハードな仕事です。しかし泳げなかった子供が、泳げるようになったときはとても嬉しいですし、仕事に対してもとてもやりがいを感じるのではないでしょうか。

水泳を通じて健康を維持したいと思って通っている大人も多いので、そういった大人向けのプログラムなどを考えて、人の役に立つことができる仕事でもありますので、その点でもスイミングスクールのスタッフの仕事はとてもやりがいがある仕事といってもいいでしょう。