小学校教諭

unndoukai

仕事内容

小学校教諭は小学校の先生ですが、6歳から12歳の児童に対して学習、生活を指導しているのが仕事です。それぞれの教科を教えて、それぞれ能力を伸ばすことやホームルーム、学校の行事などから一人ひとりの個性、人間性を育てるというのが仕事でもあります。

子供の立場に立って物事を考えることも大事なのですが、保護者や地域とも連携をした活動も求められますので、小学校教諭の仕事内容は実に幅広く多岐にわたっているので、精神的にも体力的にもタフでなければ勤まりません。

必要な資格

小学校教諭になりたいと思ったら、国家資格である小学校教員免許状を取得する必要があります。高校を卒業してから教職課程がある大学や短期大学に入って、所定の課程を修了しなければいけません。

卒業時に免許を取得することができます。教職課程を履修していない人でも教員資格認定試験に合格をした人は2種免許状を取得することができます。免許を取得してからは、公立の学校で働く場合には、それぞれの都道府県で行われている教員採用候補者試験を受けて採用されると働くことができますし、私立の場合もそれぞれの学校の教員採用試験を受けて合格すれば採用されます。

待遇・給料

公立の小学校の教諭の場合、地方公務員ということになりますので、地域、年齢や勤続年数によって給与面は違いますが、だいたい400万円から600万円が相場で、40代になれば700万円程度になるとされています。

公務員なので待遇も給与面もとても安定しているのですが6年に1回ほど異動がありますので、あちこちにいかなくてはいけないこともあります。私立の学校の場合は給与はそれぞれの学校によっても差があるのですが、公立の先生よりも給与がいい学校もあります。

小学校の6年間は子供たちの人間形成としてとても大事な時期です。その中でいじめ、不登校などの問題も今社会問題になっていますが、それに伴って小学校教諭に対しての世間の目はとても厳しく風当たりも厳しくなっていますので、大変な仕事ではありますが、やりがいがあり一生続けられる仕事でもあります。優秀な学歴の先生が採用されるよりも、今は人柄を重視して採用されることのほうが多くなっています。豊かな人間性を備えているかどうかがポイントです。