テニススクール

テニススクールの仕事内容は、お客様にテニスを楽しんでもらうのが仕事です。お客様、それは子供から大人まで幅広い年齢の人がテニスを習いに訪れますので、その人たちにテニスを教えるのが仕事です。テニスを楽しんでもらって、好きになってもらう、それが仕事内容です。テニススクールの仕事は大きく分けると2つあり、1つはコーチ、そして盲1つはスクールのフロントです。コーチの仕事は、実はサービス業でもあります。お客様相手の仕事なのでコーチもサービス業なのです。安全で公平に楽しくテニスが上達できるようにレッスンをしていくのですが、楽しみながらテニスが習えることが大事です。体験レッスンの応対をすることもありますし、テニス用品を販売することもあるでしょう、また事務的な仕事もあります。ダイレクトメールを作成したり、テニスの大会を企画する、強化合宿などを企画したり、生徒のデータ管理などの仕事があります。イベント、協議会、ツアーやパーティーなど盛りだくさんでテニススクールでは楽しい企画を用意して、子供たちや習っている生徒さんが楽しめるように色々と考えています。そしてテニススクール内の清掃や施設の管理も仕事になりますし、自分自身の技術を磨くことやスタッフを研修することも仕事です。朝は大人のレッスン、昼間も大人のレッスン、そして夕方から子供たちのレッスンなどがあり、だいたいレッスンは4こまほど行っているところが大半です。ナイターレッスンを行っているところもある場合はそれ以上にレッスンをすることになります。

そしてフロントはテニススクールのフロントでの仕事です。スクールの生徒の欠席連絡、振り替え予約の対応や外部の問い合わせ、見学の対応、テニス用品の販売やイベントの企画などを行います。コーチではなくてもテニスにかかわりたいという人に向いています。

テニススクールで働くために必要な資格などはありませんが、テニスを自身もできることは必須ですし、テニスを教えるにあたってある程度は指導力も求められるでしょう。普通にテニスを教えるだけでなく、楽しみながら生徒さんがテニスをすることができなければいけませんし、わかりやすく教える必要もあります。そして子供相手に教える場合には、テニスの技術だけでなく、テニスを通して社会のルールや、人としてやってはいけないこと、マナー、しつけなども教えていくことになりますので仕事範囲はかなり幅広いといってもいいでしょう。