テーマパーク

park

仕事内容

テーマパークも子供と関わる仕事です。テーマパークのスタッフはテーマパークを支えている裏方の仕事をしているのですが、とても子供たちの笑顔を見ることができる楽しい仕事でもあります。

テーマパークでの仕事はアトラクションを操作したり、テーマパークの雰囲気に合わせてそのスタッフになりきるのが仕事ですが、もちろん楽しいだけではいけません。アトラクションを安全に楽しんでもらいますので、毎日点検を欠かすことはできませんし、トレーニングをしたり厳しい訓練などをしているのです。

テーマパークのスタッフ、それはテーマパークで働く人すべてがスタッフになります。その仕事は色々とあり、セキュリティをするのも仕事ですし、ショー、パレードなどにでる仕事もあります。アトラクションを担当しているスタッフが一番子供たちと身近に接することができるといってもいいのかもしれませんね。

向いている人

全国に色々とあるテーマパークですが日本人のレジャーとしては定番でもあります。楽しんでもらえるように雰囲気を作るのもテーマパークのスタッフの仕事です。向いている人というのは接客が好きであることはもちろんです。
そして1日たちっぱなしの仕事ですので、体力も必要ですし、体調管理ができる人でなえればいけません。アトラクションを担当する場合は、ある程度は機械にも強くなっていなければいけませんので、何かと大変かもしれません。

必要な資格

どうすればテーマパークのスタッフになることができるのかというと、特に必要な資格はありませんので、それぞれのテーマパークの採用試験を受けたり面接を受けたりして採用されればなることができます。テーマパークによっては外国からのお客様もいるために、外国語が話せることが条件にしているところもありますし、正社員で働く場合は、ホスピタリティーといった接客の基本を学ぶテーマパークなどの専門のコースを学んだ人を採用することもあります。

給料・やりがい

正社員として働いた場合の初任給はだいたい16万円くらいです。休みは土日がテーマパークの忙しい時期になりますので、それ以外の平日に休みが多いです。家族連れやお子さんでにぎわうテーマパークで夢を与えるのが仕事ですので、とてもやりがいがある仕事です。

お客様の笑顔を見ることが一番のやりがいにつながります。手を振ってもらったり、また来てもらえたりすることでとてもやりがいを感じる人は多いようです。そして1日たちっぱなしで大変な仕事もありますが、お客様が喜んでくれたり、挨拶をしてくれたり、声をかけてくれたりすると、それだけで疲れもふっとぶほど元気になり、また明日も頑張ろうと思えるやりがいも沸いてくるのです。

暑い日、寒い日など気候的に大変な日もありますが、その分やりがいも多いでしょう。