児童厚生員

仕事内容

児童厚生員は全国各地にある児童館や放課後児童クラブといった子供のための福祉施設で子供の安全をはかりつつ、生活面や健康面の指導をしていく人材です。

平たく児童厚生員の仕事を説明する言葉として「児童の遊びを指導する者」とすることもあり、学校や家庭とはまた違った子供たちのための居場所として福祉施設を作っていくための業務を行っていきます。

実際の勤務においては子供たちから「児童館の先生」「学童保育の先生」といったような名称が使われることもあります。

業務内容は教師や保育士のように比較的はっきりと決まっていることはあまりなく、その児童厚生員の資質や得意分野、それまでの学歴や職歴に応じたスキルによって変化するようになっています。

必要な資格

児童厚生員となるためには必ずしも何か国家資格がなくてはいけないということはありませんが、一定条件以上の学歴や職歴が必要になります。

資格としては、保育士、社会福祉士、幼稚園・小中高の教員免許がこれにあたり、学歴としては専門学校ないしは大学・短大で児童福祉施設職員の養成課程をした者などがあたります。

この他にも義務教育修了後に2年以上児童福祉事業に関する業務を経験していたり、大学で心理学や教育学など適合する学科を卒業した場合においても施設の採用担当者の方針により採用されることができるように定められています。

採用とは別に一般社団法人児童健全育成推進財団による認定児童厚生員資格の制度も存在しており、これを受けることでより児童厚生員としてのスキルを身につけることができるようになっています。

待遇・給料

児童厚生員の給与は公立の場合には公務員の給与規定にもとづき本人の年齢や経歴など総合的に決定されます。

私立の児童館などの施設も各地にありますが、そちらに勤務をする場合も公立の児童厚生員の給与額に準じて決定されることがほとんどとなっています。