保護者との接し方

保護者との適切な距離感とは

保育士や教師、児童福祉施設職員など子供の生活に携わる仕事をしていく上で避けて通れないのが保護者とのかかわり合いです。

日常業務で接するのは子供だけとしても、その子供に何らかの異変があったりした場合にはすぐに両親に伝えていかなくてはいけません。

実際に子供を相手にする職業に就いている人に尋ねてみると、この保護者との関わりを苦手に思っている人はかなりの割合で存在しています。

確かに素直な子供に比べて大人である保護者は癖のある性格をしていたり、独自の教育観を持っていたりなど接しにくいと感じる面も非常に多くあります。

ですが苦手だからといってよそよそしい態度をとっていてはずっと信頼関係を築くことができず、それは教育面にもよくない影響を与えることにもなってしまいます。

まずは苦手意識を捨てて、どこまでの距離感を保つのがベストであるかということを考えてみるようにしましょう。

「保護者は最大の教師」だと思うこと

両親・保護者の方とのかかわり合いでは、時に柔軟に、時に強気で対応をとっていくことが大切です。

保護者の方というのはやはり自分の子供のことですから、どうしても客観性や冷静さを欠いた対応になってしまうこともよくあります。

世間的には「モンスターペアレント」と言って批判の対象になっているような要望も、よくよく突き詰めれば我が子を守りたい一心で行っていることであったりします。

とはいえ全ての両親・保護者の方の要望をそのまま叶えることはできませんし、そこで強気な主張をしてくる保護者の言い分ばかりを聞き入れているようでは他の保護者さんたちの信頼を失うことになってしまいます。

よく言われる言葉の一つに「保護者は最大の教師」ということがあります。

これは保護者側からの要望を全て聞き入れるのでも、全てはねつけるのではなく、話をよく聞きながら柔軟に対応していくことこそが教師としての大きなスキルであるという意味です。

保護者面談の席などではそうした声をより多く拾うチャンスなので、しっかりと話を聞き入れるようにしましょう。

密室化を防ぐことも重要

もう一つ保護者とのかかわり合いで重要なポイントが、話し合いの「密室化」を避けるということです。

ありがちなケースとして、障害者クラスや不登校など問題のある生徒の保護者との関わりにおいて、その悩みに親身になってしまうことで必要以上に距離感が近くなってしまうということがあります。

最近では保護者のほぼ全員が携帯電話やスマホを持っていることもあり、教師を含め連絡網としてお互いのメールアドレスや電話番号を交換していることもよくあります。

そこでお互いの電話に直接相談をしているうちに親しくなっていってしまうというケースも見受けられます。

教師・職員と保護者が親密になってしまうと、相談内容が密室化をしてしまい周囲全体での支援体制を作ることができなくなったり、トラブルが起きた場合の原因特定ができにくくなるという問題が起こります。

保護者からの相談を受け付けることは確かに教師や職員としての重要な任務ですが、あまり自分だけで抱え込むようなことはせず、できるだけ施設内で共有できる情報として取り扱うよう気をつけることが大事です。