幼稚園教諭

仕事内容

幼稚園教諭も子供に関わる仕事の1つですが、幼稚園教諭は3歳から小学校に入るまでの子供の教育をするのが主な仕事内容です。幼稚園は日常生活において色々な世話をして保育を補う働きをする保育園と比べると、どちらかといえば、教育に力を入れていて、健康や人間関係、環境や言葉、表現などの領域について運動や仲間と遊ぶことを通じながら人間性や感性を豊かに育てることを目的としています。

そのために、小学校に入る前に集団生活の中でルールを覚える、しつけをすることなどが幼稚園教諭の仕事でもあります。

必要な資格

幼稚園教諭になるためには、国家資格なので資格を取得しなければいけません。高校を卒業してから、幼稚園教諭養成課程がある大学院や大学、短期大学に入って万で、所定の課程を修了することで免許をもらうことができます。そこからは公立の場合はそれぞれの市区町村が、私立の場合にはそれぞれの幼稚園が募集を出しますので、採用試験を受けて合格すれば幼稚園教諭として採用されますので、働くことができるでしょう。

保育士として3年以上実務経験がある人は、教員資格認定試験に合格するだけで幼稚園教諭の免許をもらえるという特徴もあります。

待遇・給料

子供たちの笑顔にいつも囲まれて、子供たちの成長を間近で見ることができることにやりがいを感じる人は多いでしょう。幼稚園教諭の給料平均は300万円から350万円前後で公立の幼稚園の場合は公務員という扱いになりますので、公務員として安定した給与や待遇を受けることができます。

私立の幼稚園で働く場合は給料も待遇もそれぞれの幼稚園によって違いがあるので、相場などははっきりとはわからないですが、短大を出て2種免許状を取得した人よりは4年生の大学を出て一種免許状を持っている人のほうが待遇がいいのが特徴です。

幼稚園と保育園が一体になっている認定こども園が誕生するなど、幼稚園の存在は昔とは違ってきています。そして共働きをしている世帯が増えていることもあり幼稚園も預かる時間を延長するなどして対応しているところも増えているので、これまでとは求められていることなども違っていますが、保育士同様にこれからも需要が高まることは間違いありません。