児童福祉司

仕事内容

全国各地にある児童相談所に勤務する職員が児童福祉司です。

児童相談所は児童福祉法に定められている都道府県の管轄によって運営される施設で、最寄りの地域に住む人達から児童や家庭に関する相談を受け付けることを役目にしています。

児童相談所では何らかの問題のある家族本人たちだけでなく、異常に気がついた近所の人や学校・保育施設の関係者からの通報も受け付けることとなっているので、連絡が入ったらその情報にもとづいて調査や診断などをしていきます。

もし通報の内容が事実であった場合には子供のための一時保護や巡回相談といった対策を行い、必要に応じて近隣の児童福祉施設の利用をすすめたり、里親を探したりといった活動も行います。

必要な資格

児童福祉司として勤務をするためには、児童福祉司の任用資格を取得する必要があります。

資格取得のためにはまず大学で心理学、教育学、社会学を専攻するか、もしくは他学部を出てから厚生労働大臣指定の養成機関で所定の単位を修了します。

そのあとに地方公務員試験を受け、児童相談所に勤務をしてから1年以上の実務経験を積み、ようやく児童福祉司となることができます。

ただし事前に医師や社会福祉など特定の資格を取得している場合には、養成機関を出ていなくとも就業と同時に児童福祉司の任用資格を得ることができます。

任用資格は実際に勤務をするときになって初めて受けられる資格であるため、他の資格のように先に取得してから求人を探すという手順とは逆になります。

待遇・給料

児童福祉司の給与は、公立施設への勤務となるため地方公務員の給与規定によって決定されます。

そのため実際の勤務先となる児童相談所がどの地域・都道府県にあるかによって若干給与額に違いが出てくるようです。

勤務時間待遇については他の福祉施設と異なり、基本的に8時間労働の時間内までが定時となっています。

ただし相談を受けるという業務から、勤務時間が終わったからと勝手に終了することはできず場合によっては調査や巡回で長時間勤務となってしまうこともあります。